トップ/アーティストリーとは/IMAGINATION 創造

IMAGINATION 創造 未来へつながる美を実現するために

アートから
アーティストリーへ

アートからアーティストリーへ

アートからアーティストリーへ

美の未来を創造するために、アーティストリーは、世界中の専門家のネットワークを駆使し、画期的なアイデアを交換しながら、最上の美を追求しています。
科学者と技術者、著名なメイクアップアーティスト、トレンド予測の専門家が集結し、現代的なスキンケアと洗練されたカラーメイクの次の未来を創造します。

プレステージパッケージのアート

プレステージパッケージのアート

プレステージパッケージのアート

未来へつながる美を実現するために、アーティストリーは、新しいパッケージを生み出し、ブランドをプレステージレベルへと高めます。
「Crescendo(クレッシェンド)」デザインのパッケージは、アーティストリーの高級感あふれる美しさを反映し、「だんだん強く」前に向かっていく自立した女性と未来を表しています。

アーティストリーを支えるアーティスト

アーティストリーを支えるアーティスト

アーティストリーを支えるアーティスト

セレクトNY社、社長兼ワールドワイドクリエイティブディレクターのオリビエ・ヴァン・ドーンが「Crescendo(クレッシェンド)」デザインの パッケージを指揮しています。
プレステージカテゴリーにおけるデザインは、
エレガントで高級感があり、かつ際立つものであることが彼の信条です。

リック・デチェッカ

リック・デチェッカ

リック・デチェッカ

アーティストリー専属のグローバルメイクアップアーティスト。世界を舞台に、広告やファッションショーのメイクアップなど様々な分野で活躍した経験を持つ。

これまで世界を舞台に、広告やファッションショーのメイクアップなど様々な分野で活躍。有名ファッション誌「ELLE」などにもフィーチャーされ、メイクアップに対する造詣の深さと高い技術力が評価されています。
現在アーティストリー専属のグローバルメイクアップアーティストとして、豊富な経験と知識を製品に注ぎ込んでいます。

未来のスキンケア・メークアップ

未来のスキンケア・メークアップ

未来のスキンケア・メークアップ

未来のテクノロジーを今日に実現するには、
常に優れた成果を求めることから生まれます。
世界で 200 以上の特許権と特許出願を持つアーティストリーは、
世界中の女性を新たな先進の美へと誘います。

優れた科学を製品へ応用するために

アーティストリーが誇る、国際的な皮膚科学分野の専門家

アーティストリーの科学へのこだわりは、アーティストリー科学諮問委員会 (SAB)の創設にも表れています。
皮膚科学分野の国際的権威で構成される、アーティストリー科学諮問委員会 (SAB) は、揺るぎない団結のもと、最上級の美を求めた取り組みと革新を進めています。
一流大学と協力関係を構築し、科学的な知見を革新的な美とエイジングケア製品の開発に応用しています。

  • ダイアン・シバートット医師
    • ダイアン・シバートット医師

      ダイアン・シバートット医師
      ペンシルバニア州立大学教授

      ダイアン・シバートット医師は、皮脂分泌のメカニズムとアクネケアの研究において認められています。 彼女は、医科大学、ペンシルバニア州ミルトン S. ハーシェイ メディカル センターの皮膚科学の教授であり、アメリカ国立衛生研究所 (NIH)や皮膚科学雑誌の書評も行っています。

  • ゲーリー・J・フィッシャー博士
    • ゲーリー・J・フィッシャー博士

      ゲーリー・J・フィッシャー博士
      ミシガン大学教授

      ゲーリー ・J・ フィッシャー博士は、肌老化の原因に関する権威として認められています。 彼は、光生物学、スキンエイジング研究所の所長、レーザー・化粧品皮膚科学研究所の共同ディレクター、ミシガン大学メディカル スクール皮膚科学科の教授を務めています。 フィッシャー博士は、『Journal for Investigative Dermatology』と『Journal of Dermatological Science』の共同編集者です。

  • ジョン・M・パウェレク博士
    • ジョン・M・パウェレク博士

      ジョン・M・パウェレク博士
      エール大学主任研究員

      ジョン・M・パウェレク博士は、皮膚変色の原因であり、転移性黒色腫の原因となる色素沈着プロセスの専門家です。 いくつかの特許を取得しており、数々の賞を受賞しています。 彼は、150以上の科学論文を発表しています。定期的に世界中の科学者たちと協力し、研究者や医師たちの教育もしています。

  • パトリシア・オグリヴィー医師
    • パトリシア・オグリヴィー医師

      パトリシア・オグリヴィー医師
      開業皮膚科医

      パトリシア・オグリヴィー医師は、皮膚科学、レーザー治療の専門家として国際的に認められています。 ノーベル医学賞を受賞した研究者の下、数年にわたり、炎症・アレルギー分野で科学研究を行い、その後、ドイツ・ミュンヘンで美容皮膚科クリニックを開業。 科学的アプローチと最先端アンチエージング美容プロセスを融合し、美容皮膚学やレーザー治療で国際的に認められている専門医です。 国内外数多くの研究機関の会員であり、数社のグローバル化粧品ブランドの科学コンサルタントとして活躍しています。

  • ケネス・S・コーンマン博士
    • ケネス・S・コーンマン博士

      ケネス・S・コーンマン博士
      インターロイキンジェネティクス社 社長兼チーフサイエンティックオフィサー

      ケネス・S・コーンマン博士は、インターロイキンジェネティクス社の創立者であり、現在社長兼チーフサイエンティックオフィサーを務めています。 1986年にインターロイキン社を創設する以前は、サンアントニオにあるテキサス大学ヘルス・サイエンスセンターにて学部長・教授を務めていました。 また大手のオーラルケア・製薬会社にてコンサルタント及び科学研究者も務めました。コーンマン博士は現在ハーバード大学にて役職を務めています。 薬事分野では7件の特許を持ち、2冊の本を出版、執筆した論文は100以上になります。 そして、世界中で技術を臨床に応用するスピーチやコンサルティングを行っています。 コーンマン博士はまたデューク大学にて経済学の学士号を取得、エモリー大学でD.D.S.(口腔外科医)の資格、ミシガン大学にて歯周療法学の修士号及び微生物学の博士号を取得しています。

  • ソユン・チョ博士
    • ソユン・チョ博士

      ソユン・チョ博士
      ソウル大学準教授

      ソユン・チョ博士は、ソウル大学校が運営するボラマエ医療センター皮膚科学部長、ボラマエ医療センタービジネスイノベーションチームのディレクター、およびソウル大学校医科大学皮膚科学準教授を務めています。

  • ウェイ・ライ博士
    • ウェイ・ライ博士

      ウェイ・ライ博士
      中山大学第三付属病院教授兼理事

      ウェイ・ライ博士は、中国広州にある中山大学第三付属病院の皮膚科学部教授兼理事であり、化粧品の安全性と有効性を評価する機関と化粧品による皮膚疾患のための診断センターの所長も務めています。

↑ページTOPへ